CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PR
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
CAVAsite
http://www.cava-mime.com
CAVAの公式サイト。
CAVAの過去の作品紹介や今後の活動予定など。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
さばのぶろぐ さぶろう
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
あうるすぽっとのバックステージのぞきまShow
http://www.owlspot.jp/workshop/121210_detail.html__.JPG
皆様

ご無沙汰しております。丸山です。気が付けば早いもので、今年ももう師走。どうりで寒いわけです。

さて、CAVAは今年は来年に控えるビックプロジェクトの為に虎視眈々と準備を進めてきたのですが、それも一休みして、ちょこっと皆様のお目にかかる機会を頂きましたのでご報告させて頂きます。

12月10日(月曜)14時〜、18時〜の二回、豊島区の公共劇場あうるすぽっと様の主催するバックステージツアーでちょこっとパフォーマンスをします。

僕らにとっては最も緊張する場所でありながら、一番落ち着く場所でもある劇場という不思議な場所を、参加頂いた皆様に楽しく覗いて頂ければと思います。

しかも、ただバックステージを巡るだけでなく、本場前の楽屋を覗いたり、パフォーマンスにも少し混ざって頂いたり…なんてことも考えております。

しかもしかも、ツアー中はCAVAの公演(正確には開演前ですね)に演奏をお願いしたこともあるロイヤルハンチングスのコントラバス奏者熊坂義人さんのバンド"大福"による生演奏付きです。(注意:バックステージツアー中に大福饅頭の配布はございませんのでご了承ください。)

しかもしかもしかも、入場無料。

お申し込み、お問い合わせは、あうるすぽっとホームページより。
http://www.owlspot.jp/workshop/121210_detail.html
皆様のご参加お待ちしております。
| まるの戯言 | 21:54 | comments(0) | - | - | - |
明けましておめでとうございます。

CAVAを応援してくださる皆様、明けましておめでとうございます!!
昨年は日本中を震撼させる大震災があり、今もその影響が残る中での新年の幕開けとなりましたが、私共CAVA、そして私丸山は、2012年も皆様に少しでも楽しんで頂けるパフォーマンスを発信していければと思っております。どうぞ、新年もよろしくお願い致します。

さて昨年は、2月に『Continent』凱旋公演、7月に『罠』、8月に沖縄キジムナーフェスタ参加、9月にオーストラリアはアデレードのOZASIA Festival参加、10月にフランス人ミュージシャンパトリス・ペリエラス氏との『BARBER〜その床屋を待たせた客〜』、合間に日清カップヌードルミュージアムの撮影等々、沢山の経験や出会いをさせて頂きました。

今改めて初心に戻り、これまでの経験を生かし、また貴重な出会いに恥ずかしくないよう日々を積み重ねていきたいと思います。

CAVAの2012年活動スケジュールに関しては、間も無く重要な決断が下されると思いますので、しばしお待ち下さい。詳細決まり次第、皆様に告知させて頂きます。

さて新年早々いくつかお知らせでございます。
ご好評を頂きました、『BARBER〜その床屋を待たせた客〜』をヤサぐれ舞踊評論家乗越たかおさんがダンスマガジンの2011年ベストステージに挙げて下さいました。また同じく舞踊評論家の志賀信夫さんも2011年を振り返る批評サイトにてベストステージに挙げて下さいました。ありがとうございます!!参照→http://www.google.co.jp/gwt/x?hl=ja&client=twitter&u=http%3A%2F%2Ft.co%2FdIx8xt28&guid=on

そして、もう一点。私丸山、今書店に並んでいる演劇情報誌シアターガイド様の2月号より、「私の今月」というコーナーで観劇予定や近況報告を連載させて頂くことになりましたので、こちらも合わせてご覧下さい!!

それでは、皆様と世界に幸多き一年となりますように、明日から頑張りましょう!!

| まるの戯言 | 19:39 | comments(0) | - | - | - |
『BARBER〜その床屋を待たせた客〜』終演。

CAVA’s『BARBER〜その床屋を待たせた客〜』にご来場頂きました皆様、少々遅くなってしまいましたが、誠に誠にありがとうございました。申し遅れました私、床屋の店主丸山です。 
皆様のお陰で全12回公演を無事完走することができました。出演者、スタッフ共に深く感謝しております。また見えにくいお席がありましたこと、深くお詫び申し上げます。

こういうことを書くのも野暮かもしれませんが、裏話として。
『Continent』東京凱旋公演を終え一休みし、いよいよ『BARBER』の振付を本格的にスタートしようかという頃にあの地震が起きました。どうなってしまうのだろうかという恐怖に襲われている時、いつも通りの日常を取り戻そうと私がしたことは作品作りの準備で、音楽を聴いたり、本を読んだりでした。

パトリスの曲の中でも劇中最初に演奏されるパッセージの速いモダンタンゴ的な曲が私のお気に入りでしたが、震災後は、平凡な床屋を表す曲がとてもきれいに聴こえたことを記憶しています。

余震と原発の影響で、多くの外国人が自国に帰国する中、この作品の為にわざわざ来日してくれたパトリス。そのパトリスをPというマーク付き特性ヘルメットを用意して私達と共に出迎えたシャレ心たっぷりのプロデューサー五十嵐さん。そんななんやかんやがありながら辿り着いた『BARBER』世界初演でした。

ありがたい事に、この『BARBER』これからも付き合っていく可能性があります。

丸山としても、今回自分の至らなかった点は自覚しております。とりあえず、進化した『BARBER』を皆様に届けられるその日まで、皆様おーるぼわーる!!
| まるの戯言 | 21:45 | comments(0) | - | - | - |
kooza(クーザ)、Baber、そして「罠」
 
こんにちは、丸山です。皆様お元気ですか?

何かと忙しく過ごしておりまして、先日はシルク・ド・ソレイユの「クーザ」を観て来ましたよ。そうですCAVAの我らが藤代がキャスティングされているイノセントが主人公の話題のステージです!!

イノセント、姿形といい藤代にしかみえませんでしたね(笑)

それにしてもサーカスで世界的な企業になるなんて凄いなあ。

私達のような小さな団体も、小さな団体だからこそ世間に打ち出す価値のあるショーを皆様にお届けせねばですね。

秋に予定されている「Barber」も着々と水面下で準備が進んでおりますよ〜


とその前に「罠」ですね、3年前に初めて5人体制で作った作品。
エジンバラやBaberの創作過程で私の価値観も変わってきているので、それをどこまで反映できるか、これから一勝負ですね。

是非観に来て下さい。

『罠』チケットご予約は→cavaticket@yahoo.co.jpへ
以下詳細です。

7月9日(土) 18:30★
7月10日(日) 13:30/17:30☆
※開場は30分前
★=開演前、ロイヤルハンチングスによるライブ有り
☆=開演前、ロイヤルハンチングス+スパン子によるライブ有り

ロイヤルハンチングス http://www.myspace.com/royalhuntings
スパン子 http://www.folkevise.net/spannko/

チケット料金(全席自由)
一般/前売3,000円、当日3,200円
前売学生/2,300円(要学生証)
前売ペアチケット(2枚1組)5,800円
高校生以下無料

神楽坂セッションハウス
162-0805 東京都新宿区矢来町158
TEL.03-3266-0461

http://www.session-house.net


| まるの戯言 | 17:06 | comments(0) | - | - | - |
「Barber」稽古、ホームページのお詫び
 
大野一雄フェスティバル「ダンス界隈」より 撮影・松本和幸

皆様、こんにちは。今日は過ごしやすい、穏やかな日曜日ですね。
今CAVAのホームページは運営業者移行に伴う手続きで一時的に不通となっております。ご不便をおかけしまして、大変申し訳ありません。ブログでは通常通り更新を行っていますので、こちらをご利用下さい。

さてCAVAは今震災の影響で延期になった、今秋に予定されている「Barber」公演の打合せがGWにあるので、それに向けて振付のプレゼンテーションを行う為せっせっと振付作業をしています。

昨日土曜日に課題曲4曲の目安がつき、私丸山は実際に動きながら作っていく工程に入っていきます。これまでは代わりに動いてもらって、外から指示していますが、この工程から作品の中に入って身体を動かしていくことになります。ここからは人前に立つことを意識して、心と身体を準備していきます。

ここ最近、さあ稽古だなと思うタイミングで余震がきたりで落ち着きませんでしたが、しぶとく作業して形にできつつあるのが嬉しいなあ。

始める前は、いつも理想に燃えていますから、いろいろなことを考え無理をし、無理をさせるので、自分にも皆にもいろんな軋轢が生まれて正直しんどい日々が続きますが、そこを抜けると現実的に最善と思われる着地点が見えてきます。

初期の段階のしんどい日々は、本当に子供以上に我侭になるので自分にうんざりしますが、その期間がないと過去作品の焼き直し以上に持っていくのは難しいとも感じるわけです。

今はあまりシリアスになりすぎるのは宜しくないと感じていますが。

とりとめのない文章書いてしまいました。まもなく7月公演の「罠」のチラシ、情報もお知らせできることと思います。お楽しみに!!

余震にもくれぐれもご注意を!!
| まるの戯言 | 15:31 | comments(0) | - | - | - | 昨年の記事